• ホリスティックカレッジ

レモン汁生活でお薬いらず!?



 前回ご紹介した「レモン汁を使った胃酸チェック」ですが、だいたい3人に1人は、レモン汁を摂った方が食後の体調がよくなります。つまり、3人に1人くらいの確率で、「胃酸が足りない人」がいそうな感じです。


 チェックをしていただいた方のレポートをいくつかご紹介しましょう。



 「レモン汁作戦、すごいです!胃もたれもなく、快適。からだが軽く感じられて楽でした。気のせいか、頭もスッキリ」



 「いつもはカレーライスを食べると胃もたれ、眠気、脱力感を感じることが多いのですが、レモン汁を飲んだ後はこうした症状が一切出ませんでした。

 別の日にチェックした時のメニューはフライでした。フライの後はだいたい胸やけをするのですが、レモン汁の効果か身体が軽くて調子がよかったです。レモン汁を飲みながら食事をすると体がとても楽でしたので、継続しようと思います」


 実際、レモン汁が手放せなくなって、何年も続けている人がたくさんいらっしゃいます。



 「30年以上にわたって慢性疲労、特に食後の異常な眠気と脱力感に悩まされていました。リーキーガット症候群や副腎疲労があると診断もされていました。糖質制限などいろいろな食事を試していたのですが、レモン汁生活を続けてから劇的に良くなりました。

 消化酵素剤もとっていたのですが、それよりもレモン汁の方が効果を感じています。その消化酵素剤は高価なので、レモンでいいのか~と大ショックでした」


 さすがに疲れがたまったり、寝不足だったりすると、レモン汁でも効果がないそうです。レモン汁ですべての問題が解決されるわけではありませんね。それでも、この方にとって、重要なサポート役になっていることは間違いないでしょう。



「長年、逆流性食道炎にかかっていて、薬を服用していました。よくなった感じがして薬をやめると、しばらくして胸のあたりに嫌な感じが戻り、また内科にかかる、の繰り返しでした。それがレモン汁を始めてから1週間ですっかり具合がよくなりました。ようやく、薬と縁が切れました。レモン汁はずっと続けていますが、いつのまにか、胸やけ、ドライマウス(唾液の不足)、胃もたれもなくなりました」


 逆流性食道炎や胸やけは、胃酸過多が原因と思われがちですが、胃酸不足でも起こります。この方の場合、いろいろな不調の原因に胃酸不足がかかわっていた可能性が高いですね。根本の原因が解消されたことで、芋づる式に症状が治まっていったのではないでしょうか?


 このように、胃酸が不足している人には、レモン汁が助けになるケースをたくさん見てきました。


 レモン汁を飲む代わりに、レモン汁を使ったお料理を食べてももちろんいいです。今担当している料理教室では、毎回レモン汁を使ったお料理をご紹介しています。


 次回からは、そのレシピをいくつかご紹介しましょう。



【by 平田ホリスティック教育財団理事 丸元康生】

閲覧数:145回

最新記事

すべて表示