• ホリスティックカレッジ

「あなたが私の中に見える美しさは、あなたの反射したものです」【by 平田ホリスティック教育財団 理事長:平田進一郎】



「逆さ富士」をご存知ですか?


波紋の全くたっていない湖面に、映し出された富士山を見ていると、あたかももう一つの富士の存在を感じざるを得ません。 正に「逆さ富士」そのものです。


ペルシャの詩人ルーミーは、次のように表現しています。

「あなたが私の中に見える美しさは、あなたの反射したものです」


これは、どのような意味でしょうか?

2つの教えがあります。


私たちは、他人の中に、良く(美しい)見えるところがあると、感じることがあります。

それは、あたかも、第三者への憧れや、理想として他人を見ていることにもなります。


だれもが、隣の芝生は、良く見えると、感じる時があるのではないでしょうか?


しかし、それを感じることができるのは、自分の中にある意識が、それを認識できるからです。

つまるところ、自分の中に持っているものが、反射して見えていることになります。

なぜなら、自分の中に存在しないものは、感じることができないからです。


これは、自分の中にある善の心や、悪の心にも、共通しています。

また、人を思う気持ちは、鏡のように、自分にも帰ってくるという真理でもあります。


二つ目に「逆さ富士」を、さらに深く言えば、

もし、写真のように見えている本物の富士山が、神や宇宙の存在を指すなら、

湖面に映し出された「逆さ富士」そのものは、私たち自身の心でもあります。


誰にも備えられている「仏心」は、私たちの本質であり、神や宇宙の意識に通じています。

そうは言っても、日常的に、神や宇宙を感じることができないのも、私たち自身です。


何故でしょうか? 


古来より、「宇宙即我」とか、「神と一体になる」という表現が使われています。

最近では、「ワンネス」と言われている、あらゆる宗教を超えた新しい概念です。

具体的には、神や宇宙に通じる心境を得るということ。


その世界を感じられないのは、この湖の水面のような状態になっていないことが多いからです。


どういうことか?


波、風の立っていない湖の表面にこそ、神や宇宙の姿が映し出されるということです。


波とは、波動であり、波動が穏やかで、あればあるほど、神や宇宙が見え始め、

やがて一体感を感じとることができるのではないでしょうか?


大事なことは、波風のない、湖面であれば、はっきりと神や宇宙の波動を感じることができるはずです。


本年も、心穏やかに、お過ごしください。


合掌





閲覧数:154回